育毛剤と男性機能低下のデメリット

育毛剤にはそれぞれ様々な作用があります。
その中で男性型脱毛症(AGA)に効果があるとされる
男性ホルモン抑制作用の育毛剤があります。
このタイプの育毛剤の主成分はフィナステリドです。
男性型脱毛症の原因となる脱毛作用のある
男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロン(DHT)を
抑制します。
しかし、男性ホルモンを抑制するわけですので、
その分副作用が起こる可能性があります。
その副作用とは男性機能の低下です。
精力の減退、性欲減退、勃起不全などの
症状が現れる可能性があります。
このタイプの育毛剤を使えば
全ての人が怒る副作用ではありませんが、
可能性は極めて高いとされています。
1度副作用が出ると一生付きまとうわけではありません。
育毛剤の使用を中止すればその症状も終わります。
男性機能低下の副作用は
特に飲むタイプの育毛剤に多く見られる副作用で、
身体の中から作用するものですので、
副作用を完全に避ける事はできないのです。
男性ホルモン抑制の育毛剤を利用する際は、
副作用のことを十分に踏まえ利用していくようにしましょう。
副作用を感じた時は直ちに使用を中止してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>