育毛剤は用法容量を守ろう

育毛剤といえども、成分により副作用の危険はあります。
体質や肌質でも受ける影響は違いますので、
育毛剤を使用する際は使用用法や容量は
きちんと守らなければなりません。
たくさんつければ早く効果が出るものではなく、
使用容量よりも少ない量でも
効果が出ることも珍しくはありません。
特に医薬品の育毛剤に関しては注意が必要です。
市販の育毛剤に比べると成分濃度も濃く、
効果に歴然とした差があらわれるとされていますが、
用法容量を守らなければ悪化してしまう危険があります。
例えば、ミノキシジルです。
ミノキシジルは正式に認可されている成分です。
市販の育毛剤にも含まれる成分ですが、
医薬品の育毛剤に含まれるミノキシジルのは濃度が濃く
効果も即効性があるといわれています。
しかし反面、副作用の可能性も高いわけです。
男性ホルモンの抑制作用のあるミノキシジルなのですが、
頭皮に痒みや湿疹などの症状が現れるほか、
性機能の障害にまでいたる場合もありますので、
使用の際は必ず用法容量を守るようにしてください。
心配な場合は最初は少量からはじめ
様子を見ながら徐々に使用容量にしていくといいでしょう。育毛剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>