育毛剤のタイプ~男性ホルモン抑制

男性ホルモンは男性型脱毛症に
大きく関わっています。
DHTという名称をご存知ですか?
ホルモンの一種なのですが、このDHTという
ホルモンが働いた部分は脱毛すると言います。
DHTは5α-リラクターゼというものに反応し、
作られます。
この5α-リラクターゼの作用を阻害すれば
脱毛から逃れられるのです。
DHTは、毛根にダメージを与え
毛母細胞の働きを弱らせると言われています。
DHTを生成させないようにしなければなりません。
男性ホルモンを抑制する作用のある育毛剤は、
まさにこの働きがあります。
男性型脱毛症になる方は、
男性ホルモンの分泌が過剰なために起こります。
遺伝とも考えられますが、ストレスも大きな要因となります。
ストレスを感じるとテストステロンが多くなります。
テストステロンが増えると必然的に
DHTが生成されてしまいますので、
ストレスも大敵だと頭に入れておきましょう。
しかしストレスを受けるなといっても無理難題でしょう。
イライラはストレスに繋がります。
できるだけ穏やかな気持ちで過ごすよう努力することも
ストレスを軽減するヒケツではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>